お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

2017年12月4日ニュース記事一覧

  • 新デイサービスセンター2カ所開設 アズパートナーズ 住まい・暮らし・文化

    首都圏を中心にシニア事業を展開するアズパートナーズ(東京都千代田区)は、11月1日に千葉・新松戸、12月1日に東京・赤塚に、それぞれデイサービスセンターを開設した。これにより同社が展開するデイサービスセンターは11カ所となった。 「アズハイム新松戸デイサービスセンター」(千葉県松戸市大金平4の299の1)は、同社の在宅事業として初めての千葉県進出となる。55人定員の大規模施設で、充実したリハビリ機器スペースなどを完備。一方、「アズハイム赤塚~」(東京 (続く)

  • クラウドで観光などに特化した不動産投資を募集 プレリートファンド 投資

    プレリートファンド株式会社は12月11日から、maneoマーケット株式会社との協働で不動産特化型のクラウドファンディング・サービス「プレリートファンド」の提供を開始。同月18日から投資の募集を開始する。 「プレリートファンド」は今後も成長が期待できる観光、ヘルスケアなどの分野に特化。ファンドの出口戦略として国内外のREITを想定。投資を募る不動産情報を積極的に開示し、高い透明度を確保する。   (続く)

  • 19年秋に相鉄フレッサインを兵庫県に初出店 相鉄G マンション・開発・経営

    相鉄グループの相鉄ホテルマネジメント(神奈川県横浜市、吉田修社長)は19年秋、「相鉄フレッサイン」ブランドとしては兵庫県初出店となる「(仮称)相鉄フレッサイン神戸三宮」を出店する。 出店予定地はJR三ノ宮駅などから徒歩圏で、ビジネスをはじめレジャーやインバウンドなど、幅広い客層からの支持を狙う。建物は鉄骨造の地上14階建て、延べ床面積は約5880平方メートル、客室数は271室となる予定。 (続く)

  • 東京・豊島のUR賃貸住宅をサブリース 東急住宅リース 賃貸・管理

    東急住宅リースは、UR都市機構が所有する都心高額賃貸住宅「アーバンライフ目白駅前」と「アクティ上池袋」(いずれも東京都豊島区内)の2物件について、入札で運営事業者に決まった。18年2月1日から10年間のサブリース契約を締結する。 運営(経営)と共用部・専有部の修繕と維持管理などを担う。譲渡に係る優先交渉権も付与されている。同社がUR都市機構所有の賃貸住宅をサブリース契約するのは初めてという。   (続く)

  • 「ご近所付き合い」「インターネット」お題に川柳募集 東京土地家屋調査士会 資格・実務

     東京土地家屋調査士会は12月4日から、「ご近所付き合い」「インターネット」をテーマにした川柳を募集する。土地の境界線などで隣人とトラブルなどが起きるケースは日常発生しており、そうしたトラブル解決も土地家屋調査士の仕事の1つであること。また、インターネットは生活に欠かせないツールになっていること (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています