お知らせ
第2回宅建マイスター認定試験

2017年11月28日ニュース記事一覧

  • マンション管理士試験の受験者1.3万人 マン管センター 賃貸・管理

    11月26日に実施した、2017年度マンション管理士試験の受験者数が1万3037人だったことが分かった。受験申込者数は1万5102人で受験率は86.3%。合格者は18年1月12日に発表する。試験機関のマンション管理センターが発表した。 (続く)

  • 12月、ライフルホームズ柏マルイ店で不動産テック体験会 売買仲介

    ライフル(東京都千代田区)は12月2日~10日の土日4日間、千葉県柏市のライフルホームズ住まいの窓口柏マルイ店で、不動産テック体験会を開催する。「バーチャルアテンダントが案内するVR不動産案内」など、最新のテクノロジーを使った部屋探しが体験できる。開催日時は12月2日・3日・9日・10日、各日午前11時~午後4時。参加費無料。 (続く)

  • 管理物件の一つ(アレン市内)

    米国ダラスに新拠点 スターツコーポレーション 総合

    スターツコーポレーションは、スターツグループの海外ネットワークの新たな拠点として、米国テキサス州ダラスに現地法人を設立し、営業を開始した。米国内ではハワイ、グアム、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンノゼに続く6カ所目となる。現地法人の業務では、保有する戸建て住宅の管理や、日本の国際事業本部と連携して賃貸と売買の仲介、投資用物件の購入サポートに注力する。 (続く)

  • 伝統木造建築用の高性能木造耐力壁2種類を開発 大成建設 住まい・暮らし・文化

    大成建設はこのほど、伝統木造建築用の2種類の高性能木造耐力壁を開発し、日野山徳恩寺(神奈川県横浜市)本堂(18年4月に着工予定)、九品仏淨眞寺(東京都世田谷区)閻魔堂(18年7月の竣工予定)の新築工事に適用する。 伝統建築物では重厚な瓦屋根を支えるための壁が少なく、大地震の大きな揺れに耐えられない構造となっている。そこで、同社では一般建築物と同等以上の耐震性能を確保できる2種類の新たな木造耐力壁「T-WOOD 真壁」「T-WOOD 組み板壁」を開発した。 「T-WOOD 真壁」は釘ではなく壁板(厚物構造用合板)を長いビスで片側から打ち抜いて壁をつなぎ留めると共 (続く)

  • 12月に建築業者向けIoT住宅システムを発売 サンエー 住まい・暮らし・文化

    住宅建築や電気設備工事を手掛けるサンエー(神奈川県横須賀市、庵崎栄社長)は12月13日、建築業者向けに家電や住宅設備をスマートフォンで操作できる住宅向け新システム「S-REMOS(エス・リモス)」を発売する。 同新商品は制御基板や有線ルーター、カメラやセンサーなどのセットで、新築工事の際に住宅設備として据え付けることで、住宅購入者が照明やエアコンなどをスマホで操作できるようになるというもの。初年度の目標として、1万戸の新築住宅への導入を目指している。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています