お知らせ
住宅新報社の受験対策講座
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

2017年11月15日ニュース記事一覧

  • 住みよい街調査で東京都武蔵野市など3市が同率1位 日経BP総研 総合

    日経BP社の日経BP総研は11月15日、「シティブランド・ランキング―住みよい街2017―」のトップ100を発表。茨城県守谷市、東京都武蔵野市、福岡県大野城市の3市が同率1位となった。同社のウェブサイト「新・公民連携最前線」(http://www.nikkeibp.co.jp/p (続く)

  • 10月・首都圏マンション、契約率60・7%に低下、不動産経済研 マンション・開発・経営

      不動産経済研究所が11月15日に発表した「首都圏マンション市場動向」(10月)によると、発売戸数は2817戸で前年同月比3・0%減少した。契約率は60・7%(前年同月比0・9ポイント減)で、10月としては91年(56・5%)以来の低水準だった。 (続く)

  • 50周年記念で「ヒノキ」「ZEH」を標準採用 日本ハウスHD 住まい・暮らし・文化

    日本ハウスホールディングス(東京都千代田区、成田和幸社長)は11月から、同社が18年2月に創業50周年を迎えることを記念して、新仕様「檜(ひのき)の家」を全商品に標準採用すると共に、同社の主力商品「檜の家やまと『館』」「檜の家やまと『華』」は、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の家仕様」を標準仕様として発売した。 「檜の家」仕様は、従来と同じく構造材や土台にヒノキ材を使用するだけでなく、内装にもオリジナルデザインのヒノキ材を多用するというもの。「ZEHの家」仕様では、国の推進するZEHの基準に対応した性能を標準とし、価格据え置きで提供する。販売価格は、「檜の家やまと『華』」の場合、37・6坪のプランで坪当たりの本体価格が63・6万円。 (続く)

  • 国内最大級のリノベサイト「リノベ不動産.com」リリース 和久環組 売買仲介

    リノベーション・プラットフォーム「リノベ不動産」を運営する和久環組(神奈川県横浜市)は、全国34都道府県150店舗のリノベーション専門家が投稿したイベント情報、物件、事例、コラムなどを掲載するリノベーション情報サイト「リノベ不動産.com」(https://renovefudosan.com/)をリリースした。同社が8月にリリースした暮らしメディア「fully」と連携し、全国のリノベーションの潜在顧客に情報発信していく。 (続く)

  • 導入イメージ

    AIスピーカー搭載スマート端末を新築全戸に レオパレス21 総合

    レオパレス21は、グラモ(東京都豊島区)が開発中のAI(人工知能)スピーカーを搭載したスマートステーション端末を2018年1月の契約物件から新築全戸に標準装備する。年間約1万戸を導入する見込み。 同端末は、AI音声認識スピーカー機能に加え、既に標準搭載しているスマートロック(電子錠)との連携、家電制御、AIスピーカーの音声サービス、センサーと連携する住環境の自動制御を可能とする。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています