お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

2017年10月16日ニュース記事一覧

  • 伊藤忠FSと契約、ファッション要素強化の分譲住宅 三栄建築設計 住まい・暮らし・文化

    メルディアグループで戸建て分譲住宅などの事業を手掛ける三栄建築設計(東京都新宿区、小池信三社長)はこのほど、伊藤忠ファッションシステム(東京都港区、石井和則社長)と契約し、協業したプロジェクトを発足した。 同プロジェクトは、ファッションや住生活にこだわりを持つ夫婦をターゲットとした分譲住宅の企画・商品化を目指して立ち上げられたもの。その第1弾として、10月下旬から11月下旬にかけて完成・販売を予定している、東京都足立区と千葉県市川市の分譲住宅について、伊藤忠ファッションシステムがライセンス契約しているブランドが家具や雑貨、内装や外観などを提案している。 (続く)

  • 9年ぶりに受験者20万人超え 17年度宅建試験 資格・実務

    17年度の宅地建物取引士資格試験が10月15日に行われ、試験実施機関の不動産適正取引推進機構によると昨年を約5%上回る20万9145人が受験した。合格発表は11月29日に行われる。 今年の試験の難易度は住宅新報社講師陣の見解によると、合格基準点が35点だった昨年とほぼ同じか、やや難しい問題レベルだった。 (続く)

  • 17年上半期、新築物件の人気ランキング発表 ライフル 住まい・暮らし・文化

    ライフル(東京都千代田区)はこのほど、17年上半期の新築分譲マンション・一戸建ての人気物件ランキングを発表した。それによると、新築分譲マンションでは三井不動産レジデンシャル、丸紅の「ザ・タワー横浜北仲」が全国1位に選出。みなとみらい線馬車道駅直結の地上58階建て・1176戸のタワーマンションとして注目を集めた。また、 (続く)

  • 都心ビル空室率、8カ月連続低下で1%台に 三幸エステート調査 マンション・開発・経営

    三幸エステートがこのほど発表したオフィスマーケットによると、9月30日現在の東京都心5区の大規模ビルの平均空室率は1.83%(前月比0.22ポイント減)となり、8カ月連続の低下で、08年3月以来となる1%台に低下した。06年7月に記録した統計開始以来の最低値1.2%にどこまで近づくかが注目される。 (続く)

  • ディスクロージャー優良企業で第1位 大東建託 総合

    大東建託は、日本証券アナリスト協会が実施する平成29年度「証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定」の建設・住宅・不動産部門で、7回連続で8回目の第1位を獲得した。IR説明会の内容や、株主還元策の具体的な数値目標の明示などのコーポレート・ガバナンス関連などで高い評価を得た。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています