お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

2017年8月4日ニュース記事一覧

  • リストサザビーズ シンガポール拠点、本格始動 売買仲介

      リストインターナショナルリアルティは8月3日、高級不動産仲介ブランド「リストサザビーズインターナショナルリアルティ(LSIR)」のシンガポールオフィスの本格始動を発表した。同オフィスは、LSIR東南アジア統括拠点となる。 同オフィスには、仲介業と不動産コンサルティング業に精通した25人が常駐する。仲介のほか、プロジェクト・マーケティング、投資顧問、コンサルティングサービスなどを提供していく。初年度の売上高として、約700万シンガポールドル(約5億2500万円)を目指す。 (続く)

  • 駐車場シェアサービスで協業 シード、ソースネクストと 営業・データ

    駐車場シェアリングサービス「スマートパーキング」を提供するシード(愛知県名古屋市)は7月31日、ソースネクスト(東京都港区)と協業を開始した。同サービスは、空きスペースを持つ駐車場オーナーと駐車場を使いたいユーザーのマッチングを図るもので、オーナーは掲載費などコストをかけず、余った土地を活用して収益を得られる。一方、ユーザーは専用アプリから駐車場の場所や料金を確認し、駐車時間に応じてクレジット (続く)

  • 第3次改造内閣 石井啓一国交大臣は留任 人事

    安倍晋三首相は8月3日、第3次安倍第3次改造内閣を発足し、閣僚等名簿の発表を行った。石井啓一国土交通大臣は留任し、15年10月の第3次安倍内閣発足時から引き続き、国交大臣を務めることとなる。 (続く)

  • 広島カープ応援キャンペーンでプレゼント エイブル 営業・データ

    エイブルは8月3日から、広島東洋カープの公式戦観戦チケットやオリジナルうちわをプレセントする「カープ応援キャンペーン2017」を9月2日まで実施する。期間中に広島県内対象10店舗の来店者の中から、抽選で70組140人にチケットを、先着で各店300枚限定でうちわを贈る。 (続く)

  • 制震ダンパー「ユラレス」の商品画像と設置イメージ

    戸建て住宅用「制震ダンパー」を10月発売 オイレスECO 住まい・暮らし・文化

    住宅・ビル用設備機器の製造販売や土木工事などを手掛けるオイレスECO(東京都品川区、前田隆社長)は10月、戸建て住宅用制震ダンパー「ユラレス」の販売を開始する。 同新商品は、地震時に摩擦抵抗で揺れを吸収して建物の損傷を低減するダンパー型の制震システム。壁に設置する筋交い型の形状のため、新築だけでなくリフォームによる後付けも可能で、延べ床面積40坪程度の戸建て住宅であれば4カ所の設置で効果を発揮する。 1セットの価格は12万5000円、1棟 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています