お知らせ
不動産流通実務検定

2017年7月14日ニュース記事一覧

  • 不動産証券化協会 18年度の税制改正要望と制度改正要望を決定 総合

    不動産証券化協会は7月14日に第95回理事会を開催し、18年度の税制改正要望と制度改善要望を決定した。税制についての要望項目は、土地の固定資産税と都市計画税について、現行の負担調整措置と条例減額制度の延長、並びに不動産取得税における土地の課税標準の軽減措置と、住宅と土地に関す (続く)

  • 「アネシア築地ステーションレジデンス」のエントランス(イメージ)

    トヨタHとミサワHがマンション共同事業を開始 マンション・開発・経営

    トヨタホームとミサワホームは9月下旬から、東京都中央区でマンション共同事業「アネシア築地ステーションレジデンス」の販売を開始する。 同物件は、トヨタホームの展開する分譲マンション「アネシア」シリーズについて、今後の首都圏での展開を想定して計画されたフラッグシップモデル。東京メトロ日比谷線築地駅への直結エレベーターを設置したほか、外観デザインや居住性についても上質感を持たせた。 (続く)

  • 平均賃料は42カ月連続上昇 東京ビジネス地区 三鬼商事調べ マンション・開発・経営

    三鬼商事が7月13日に発表した東京の最新オフィスビル市況によると、東京ビジネス地区(千代田、中央、港、新宿、渋谷区)の6月時点の平均賃料は1万8864円(坪当たり)で、前年同月比3.77%プラス、前月比0.34%プラスとなった。東京ビジネス地区の平均賃料はこれで42カ月連続の上昇。 (続く)

  • 都心ビル空室率、5カ月連続低下 三幸エステート調査 マンション・開発・経営

    三幸エステートが7月13日に発表したオフィスマーケットによると、6月の東京都心5区大規模ビルの平均空室率は2.20%(前月比0.27ポイント減)だった。5カ月連続の低下で、1年前の水準に再び近づいた。 (続く)

  • まとめて申し込みの特典で「ご近所割」 東急コミュニティー 賃貸・管理

    東急コミュニティーは7月から、管理受託するマンション居住者に限定し、同じマンション内でまとめて申し込むと、専有部のサービスを特別価格で提供する「ご近所割」を開始する。 例えば、ハウスクリーニングを複数戸で申し込めば、清掃業者の交通費や待機時間を削減でき、このメリットを利用者に反映する。スマートフォンやパソコンから24時間申込みできるよう、今回の新サービスを含めた居住者専用のポータルサイトも開設する。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています