お知らせ
競売不動産取扱主任者試験

2017年6月26日ニュース記事一覧

  • 所有者不明土地は面積換算でほぼ九州並みに 不明土地研究会 総合

    元岩手県知事の増田寛也東京大学公共政策大学院客員教授を座長とする所有者不明土地問題研究会は6月26日に研究に関する中間整理を行い、全国での土地の所有者不明率は約20%にのぼるとした。これは九州の土地面積とほぼ等しい。 また今後議論を深めるべき課題として、所有者探索の円滑化、所有者不明土地の管理・利活用、所有者不明土地の増加防止、土地所有のあり方の見直しの4つを挙げた。   (続く)

  • 三菱地所 アジア・オセアニアで不動産ファンド運用事業に進出 総合

    三菱地所は、アジア・オセアニア地域(汎アジア)で不動産ファンド運用事業を展開する。同事業推進のため、汎アジアで不動産ファンド運用事業を展開するCLSA Real Estate Partners社と、汎アジアコアプラス型ファンドの運用を行 (続く)

  • 業界初「パーティーリビング」採用の戸建て発売 ハーバーハウス 住まい・暮らし・文化

    注文住宅を手掛けるハーバーハウス(新潟県新潟市、石村良明社長)はこのほど、業界初(同社調べ)の「パーティーリビング」を採用した戸建て新商品「ブレスト」を発売した。 25帖の広いLDK「パーティーリビング」を設け、アイランドキッチンやスケルトンのオープン階段などデザインにも工夫を施して、ホームパーティーなどで「人を呼びたくなる」リビングに仕上げた。またリクルートが17年のトレンド予測で挙げたキーワード「リビ充家族」を意識したプランで、空間を共有しながら家族が各々 (続く)

  • ホームインスペクター試験 26日から受験申し込み受付開始  資格・実務

    NPO法人日本ホームインスペクターズ協会(東京都新宿区)は6月26日、9回目となる17年度公認ホームインスペクター資格試験の受験申し込みの受付を開始した。 試験では、既存住宅流通時に重要なアドバイスができる専門家育成のため、住宅全体のコンディション把握、不動産取引流通の知識や倫理なども含めた4つの領域から出題される。申し込み期限は9月15日。17年度の試験日は11月12日、午後1時から。東京、札幌、仙台、名古 (続く)

  • エクステリアコンテスト開催 レオパレス21 住まい・暮らし・文化

    レオパレス21は、建物と調和するデザインで独自性の高いエクステリアのデザインアイデアを募集する「エクステリアデザインコンテスト」を開催する。8月21日まで応募を受け付ける。 審査基準は、「メンテナンスが容易で十分に実現性が高いか」「過去にない斬新かつ実用的なアイデアであるか」の2点。最優秀賞には賞金30万円を贈呈する。結果は10月ごろに公式ホームページで発表する。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています