お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

2017年6月16日ニュース記事一覧

  • 住まいの風水、46%が「気にしている」 スマイスター調べ 営業・データ

    シースタイル(東京都中央区)が「住まいの風水」について調査したところ、調査対象全体の46.1%が風水を気にしていることがわかった。調査は、同社が運営する不動産比較査定サイト「スマイスター」を利用した20代以上の全国217人が対象。 実際に、住まいに風水を取り入れた人は全体の23%となり、具体的には「西側に黄色のものを置く(22%)」「盛り塩(20%)」が (続く)

  • 野村不動産他 「プラウド綱島SST」モデルルーム公開開始 マンション・開発・経営

    野村不動産、関電不動産、パナホームは神奈川県横浜市で開発している「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」内になる「プラウド綱島SST」のモデルルーム一般公開を開始した。次世代型マンションで告知開始後約2カ月で資料請求数1000件を突破している。 (続く)

  • 「トイレ川柳」募集開始 8月16日まで TOTO 住まい・暮らし・文化

    TOTO(福岡県北九州市、喜多村円社長)は6月16日から、第13回「トイレ川柳」の募集を開始した。期限は8月16日まで。 自宅や勤め先、街なかのトイレにまつわる失敗談・面白談など、トイレにまつわるエピソードや思いを川柳形式で募集するコンクール。 (続く)

  • 「これからの建築士賞」を受賞 さくら事務所 総合

    さくら事務所のインスペクションチームは、東京建築士会の「これからの建築士賞」を受賞した。同社の「建築士は地域のかかりつけのお医者さんへ」をテーマとした業績が認められた。 評価された点は、育児介護と本業のバランスが取れた働き方、管理組合と管理会社、設計・施 (続く)

  • 5月・首都圏マンション、契約率72%に回復 不動産経済研 マンション・開発・経営

    不動産経済研究所の調べによると、17年5月に首都圏で発売されたマンションは2603戸(前年同月比13・3%減)で4カ月ぶりに減少した。契約率は72・2%(前年同月比1・3ポイント増、前月比5・9ポイント増)で、好不調の目安とされる70%を上回った。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています