お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

2017年4月12日ニュース記事一覧

  • 女性活躍推進で企業の生産性向上 国交省調査 総合

    国土交通政策研究所による国土交通分野における調査の結果、女性活躍推進の取組を進めると、企業の生産性が向上することが明らかとなった。分析対象企業は東証一部二部上場企業214社で、アンケートによるもの。女性活躍推進の取組を進めるほど、企業は中長期視点で女性のキャリア設計に力を入れる。従業員の職務満足度も向上し、女性従業員の昇進意欲も向上する。わが国最大の潜在力は女性の力であるという認識のも (続く)

  • 新空調システム導入の戸建て住宅を発売 パナホーム 住まい・暮らし・文化

    パナホームは4月8日、新空調システム「エアロハス」を搭載した戸建て住宅の新商品「カサート・プレミアム」を発売した。パナソニックグループの最新技術を用いた同システムは、温度ムラが少なく部屋単位の微調整も可能な全館空調。地熱も有効活用し、電気代を一般的な全館空調と比べ半分以下の44%に抑えたほか、空気清浄機並の性能でカビやPM2・5へ (続く)

  • 富裕層向けの家賃保証サービスを開始 あおい信用保証 賃貸・地域・鑑定

    あおい信用保証は、富裕層向けに保証金型の家賃保証サービスを開始した。セカンドハウスや週末移住・地方移住などとして、新たに賃貸物件を借りたいと考えている富裕層が、滞納時の家賃をあらかじめ預け入れる仕組み。 (続く)

  • ICT活用、「ノムコム」に2つの新機能追加 野村不アーバン 売買仲介

    野村不動産アーバンネットは4月11日、不動産情報サイト「ノムコム」の新機能として、「3D ウォークスルー動画」と「レコメンド物件メール配信サービス」の提供を開始した。前者は立体的な高解像度画像により室内をあらゆる角度から閲覧できるウェブ物件見学機能。後者はノムコムの閲覧行動データと機械学習機能を活用し、会員個々の嗜好に合わせた最適な物件情報をメール配信するサービスだ。どちらも物件の購入検討者をICTでサポートするもので、人工知能(AI)によるチャット型Q&Aサ (続く)

  • 転勤経験者の半数が住宅購入後に辞令 シースタイル調べ 営業・データ

    シースタイルは「家を買うと転勤になる」という都市伝説の信憑性について調査結果を発表した。調査は同社運営の不動産比較査定サイト「スマイスター」の利用者(20代以上、全国582人)が対象。それによると、転勤経験者は全体の33・7%。そのうち半数以上が転勤時に「持ち家 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています