お知らせ
ホームステージング

総合記事一覧

  • 大阪宅建協会がライフルと業務提携、不動産情報サイト分野で 総合

    大阪府宅地建物取引業協会(大阪府大阪市、阪井一仁会長)は、ライフル(東京都千代田区、井上高志社長)と不動産情報サイト業務において11月28日付けで業務提携を締結した。大阪宅建協会は府内最大の約8500社が加盟する業界団体。この提携により、同協会会員が持つ物件情報を、ライフルが運営する「ライフルホームズ」を通じて公開し、会員会社の業務支援と不動産流通の活性化を目指す。 (続く)

  • 学生たちが手掛けたモデルハウス

    大阪の建築コンペに参加 早稲田と芝浦工大の合同チーム 総合

    早稲田大学と芝浦工業大学の両大学の研究室を中心とする合同チームは、12月2日から17日まで大阪市のうめきたサザンパークで公開される大学対抗建築コンペ「エネマネハウス2017」に参加する。学生が提案から施工まで携わったモデルハウスを提示する。 70年代につくられた工業化住宅をリデザイン。既存構造体を残しつつ高断熱壁の配置や設備の導入と運用に工夫を加え、ゼロエネルギーを達成したという。同チームの一人である芝浦工大建設工学専攻修士1年の女子学生は、「初めての合同チームで同じ環境シミュレーションでもまったく別のソフ (続く)

  • 老後の暮らしを考えるセミナー12月15日開催 ウスイホーム 総合

    ウスイホームは、12月15日に同社馬堀海岸店(神奈川県横須賀市)で、「老後を自宅で安心・安全に暮らすための無料セミナー」を予約先着20人限定で開催する。参加費無料。 1部では、認知症高齢者の対応や介護予防の方法などを看護師が紹介するほか、認知症の薬の種類や注意点について薬剤師が解説。2部では、同社担当者がバリアフリーリフォームの事例や費用を紹介する。 (続く)

  • 12月、ロボット介護で展示会 高経協 総合

      高齢者住宅経営者連絡協議会(森川悦明会長)は12月8日、東京都港区のパナソニック東京汐留ビルで「第2回ロボット介護機器展示会」を開く。自立支援、見守り、移乗、コミュニケーション分野のロボットやIоT機器を展示する。出展企業による施設事例プレゼンも行う予定。時間は午前10時から午後5時半。 問い合わせ先は、同協会、電話03(3292)3289。   (続く)

  • 管理物件の一つ(アレン市内)

    米国ダラスに新拠点 スターツコーポレーション 総合

    スターツコーポレーションは、スターツグループの海外ネットワークの新たな拠点として、米国テキサス州ダラスに現地法人を設立し、営業を開始した。米国内ではハワイ、グアム、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンノゼに続く6カ所目となる。現地法人の業務では、保有する戸建て住宅の管理や、日本の国際事業本部と連携して賃貸と売買の仲介、投資用物件の購入サポートに注力する。 (続く)

  • 注目集めるレンタル収納スペース事業、推進協がフォーラム 総合

    レンタル収納スペース推進協議会はこのほど、都内でフォーラムを開いた。レンタル収納スペース事業者のほか、金融、不動産業界から約150人が参加した。 冒頭、同協議会の多田充伸代表理事は、「ここ数年でレン (続く)

  • 長野・白馬スキー場の命名権取得 エイブル 総合

    エイブルは、長野県白馬村の白馬五竜スキー場のネーミングライツ(命名権)を取得した。スキー場のネーミングライツ取得は国内初という。これに伴い、スキー場運営会社の五竜と大糸の2社の社名をエイブル白馬五竜に変更した。 (続く)

  • 野村不動産 PMO京橋東で「パントリー(給湯室)セレクトプラン」導入 総合

    野村不動産はオフィスビルブランド「PMO(プレミアム・ミッドサイズ・オフィス)」シリーズ30棟目となる「PMO京橋東」で「パントリー(給湯室)セレクトプラン」を導入する。企業のワークスタイルに合わせてパントリーの形状を選択できる。 (続く)

  • 森ビル イベント「Meetup in ARK Hills」開催 総合

    森ビルは11月27日にコミュニティイベント「Meetup in ARK Hills」を開催する。場所は同社が運営管理する東京都港区のアークヒルズで、ビジネスの力により社会課題の解決を目指す。 (続く)

  • 街を使ったアート展覧会開催 CHINTAI 総合

    首都圏に住む20代後半から30代の女性向けに東京の街の魅力を紹介するウェブマガジン「haletto(ハレット)」(運営はCHINTAI)は、神奈川県鎌倉市の江の島電鉄「腰越駅」周辺の商店街や掲示板、空き物件を活用したアート展覧会を11月25日と26日の2日間、開催する。 6人の作家の作品を街の各所に展示する。参加者自身が街を歩いて発見していく趣向で、普段の何気ない街歩きの中で「気づき」を感じるきっかけにしてもらいたいという。 (続く)

  • 東京建物グループ 有料老人ホーム「グレイプスウィズ四谷」開業 総合

    東京建物の子会社である誠愛苑は、11月23日から介護付き有料老人ホーム「グレイプスウィズ四谷」を開業する。グループとしては都心部で初となるもの。鉄筋コンクリート造5階建てで居室数は48室。 (続く)

  • 三井不動産他 「ホテル ザ セレスティン東京芝」を開業 総合

    三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは11月28日に「ホテル ザ セレスティン東京芝」を開業する。「ザ セレスティンホテルズ」としては「京都祇園」「銀座」に次ぐ3軒目の開業となる。 (続く)

  • ベトナム駐在入居者に損害保険提供 レオパレス21 総合

    レオパレス21は、子会社のレオパレス21ベトナムが運営管理するサービスアパートメント「グランフェルテハノイ」を利用する駐在員を対象として、東京海上グループのベトナム現地法人が提供する家財に対する損害補償や万一の事故による賠償責任補償に対応する保険の自動付帯サービスの提供を開始する。 レオパレス21と保険会社が包括保険契約(一括申し込み)を締結するため、入居者が保険会社に別途、保険料を納める必要はないという。   (続く)

  • 低価格帯賃貸住宅の一般媒介で業務提携 エイブル 総合

    エイブルは、レジデンシャル・サービス・ジャパンなどが全国で運営する1001棟(9万9005戸)の旧・雇用促進住宅をリブランディングした「ビレッジハウス」の一般媒介について業務提携し、全国のエイブル店舗で賃貸仲介の紹介を開始した。 ビレッジハウスは、低価格帯の賃貸住宅市場の新たな供給先として、高齢者や生活保護受給者、シングルマザー、保証人のいない外国人などの入居を積極的に受け入れている。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています