お知らせ
住宅新報社の宅建受験対策講座

総合記事一覧

  • ARUHIダイレクト 借り換え申込み受付を開始 総合

    住宅ローン専門金融機関のARUHI(アルヒ、東京都港区、浜田宏会長兼社長)はこのほど、住宅ローンのWeb申込サービス「ARUHIダイレクト」で、借り換え申込みの受付を開始した。これにより、借り入れ・借り換えのどちらもWebでの申込みが可能となった。 ARUHIダイレクトは、自宅からでも経験豊富な住宅ローン専門スタッフに相談できるビデオチャット、テキストチャットによるサポートサービスも提供している。また、ビデオチャットによるサポート時間は午後10時までとなって (続く)

  • 4月に鹿児島市でホテル開業 鹿児島アークシティ 総合

    鹿児島アークシティ(鹿児島市・竹添寛代表)は4月27日、鹿児島市山之口町に「ホテルグランセレッソ鹿児島」を開業する。 全165室の客室には、シモンズ社製の6.5インチマットレスベッドを採用。専有面積は、15から50平方メートルで幅広い客層に対応する。鹿児島市電「高見馬場」電停から徒歩1分、鹿児島市の中心である天文館地区に (続く)

  • 東急不動産 「ブランズシティ品川勝島」が緑化賞を受賞 総合

    東急不動産が15年7月に竣工した「ブランズシティ品川勝島」が、品川区みどりの顕彰制度の緑化賞を受賞した。優れた緑化が行われた物件として評価されたもの。このマンションでは、生物多様性への貢献のために、高木、低木、草本の各層を立体的に取り入れた環境づくりを施した。緑地を構成する樹木には、在来種を積極的 (続く)

  • 住友不動産 「麹町4丁目計画(仮称)」着工 総合

    住友不動産は、東京都千代田区麹町での「麹町4丁目計画(仮称)」の建物本体工事に着手した。旧耐震基準ビル4棟と木造住宅2棟の計6棟の複数ビル建替え再開発。東京都が沿道建築物の耐震化促進を図っている特定緊急輸送道路に指定された新宿通り(国道20号線)沿い (続く)

  • 学研ココファン 初の都心型サ高住、「小規模多機能」を併設 総合

      首都圏を中心にミドル層向け高齢者住宅を展開している学研ココファンは3月1日、東京都中央区で、サービス付き高齢者向け住宅「ココファン勝どき」を開設する。同社初の都心型サ高住となる。中央区の公募事業で選定された。 都営地下鉄大江戸線の勝どき駅から徒歩6分に立地するタワーマンションの1~4階部分で、居室数は34戸(25~37平方メートル)。通所(デイサービス)と宿泊(ショートステイ)、訪問介護の3種類を横断的に利用できる小規模多機能型居 (続く)

  • 東邦レオ 壁面緑化の新工法を発売 総合

    屋上・壁面緑化事業を行う東邦レオは、オフィスビルや工場、商業施設などが対象の新工法緑化システム「ハイクライム・ネスト」を3月から発売する。従来品と比べ重量やコストを4分の1に抑え、幅も40ミリの薄層仕様となっており、リノベーションへの利用も可能。 (続く)

  • UR都市機構 熊本県の宇城市と「災害公営住宅基本協定」を締結 総合

    UR都市機構は2月23日、熊本県の宇城市と「16年熊本地震における災害公営住宅の整備に係る基本協定」を締結した。宇城市の熊本地震からの復興と、市民のすみやかな恒久的住まいの確保の実現を図ることを目的とするもの。 (続く)

  • 新たに18社と提携 ARUHI暮らしのサービス 総合

    住宅ローン専門金融機関のARUHI(アルヒ、東京都港区、浜田宏会長兼社長)は、このほど住宅購入後の顧客をサポートする「ARUHI暮らしのサービス」について、新たに18社のサービスと提携し、提供を開始した。 同サービスは、同社の住宅ローンを利用している顧客を対象とした、新生活のスタートや住宅購入後の暮らしにまつわるコスト削減に役立つ限定特典付き優待サービスである。 今回の提携で従来の引越し、インテリア、家電、カーライフ、ハウスサービス、リサイクル、日用品、子育て、レジャー・旅行、美容、健康、ファッション、ライフイベント分野を充実している提携サ (続く)

  • 三井不動産他 「多言語放送支援システム」を開発・設置 総合

    三井不動産とTOAは、「多言語放送支援システム」を共同開発し、東京都中央区の日本橋1丁目三井ビルディングに設置した。同システムは非常用放送設備に付加することで、大規模複合施設で火災や地震などの災害時に、避難誘導放送の日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語での放送が可能となる。 (続く)

  • 三菱地所 「大阪島之内ホテル計画(仮称)」着工 総合

    三菱地所は2月20日に、大阪市中央区で進めている「大阪島之内ホテル計画(仮称)」について着工した。18年6月の竣工、7月の開業を予定している。ホスピタリティオペレーションズへ賃貸のうえ、同社がホテルを運営する。 (続く)

  • 東急ステイサービス 「東急ステイ青山プレミア店」リニューアル 総合

    東急ステイサービスは、2月18日に「東急ステイ青山プレミア」をリニューアルオープンする。ダブル、ツインの客室を従来の19室から39室に増室。ロビーラウンジでは宿泊客サービスとして、時間限定でフリードリンクを提供する。 (続く)

  • 吉田淳一新社長

    社長に吉田淳一常務 三菱地所 総合

    三菱地所は2月16日に開いた取締役会で、杉山博孝社長が代表権のない取締役会長に退き、後任に吉田淳一取締役兼執行役常務が就任する人事を決めた。4月1日付。 新社長の吉田淳一氏(よしだ・じゅんいち)は82年三菱地所に入社し、人事企画部長、執行役員ビルアセット業務部長、常務執行役員。16年6月からは現職の取締役兼執行役常務。東大法卒。58歳。 また、三菱地所レジデンスの代表取締役社長執行役員には同社副 (続く)

  • 東京建物シニアライフサポート 「グレイプス立石」を開業 総合

    東京建物の子会社である東京建物シニアライフサポートは「グレイプス立石」を2月28日から開業する。東京都葛飾区では最大規模となる総戸数96戸のサービス付き高齢者向け住宅。建物内には身体の状態や介護状況によってサービス内容を選択できる「ケアフロア(2F)」と「レジデンスフロア( (続く)

  • 三井不動産他 国内の「埋蔵知財」の海外展開を共同支援 総合

    三井不動産とIP Bridgeは、埋蔵知財に着目した国内企業の海外展開支援プログラム「ManGO Factory」を共同実施する。国内で特許出願された技術のうち、いまだグローバル展開ができていない優れた知財について、国内企業を参加対象に両社共同で海外展開を支援する。4月からの開始を予定している。 (続く)

  • 西武プロパティーズ他 東長崎駅南口計画の推進へ 総合

    西武プロパティーズと西武鉄道は、西武池袋線東長崎駅南口周辺で「東長崎駅南口計画」(仮称)を推進していく。賃貸住宅、商業施設、保育所からなる複合施設の再開発計画となる。19年の開業を目指す。 (続く)

  • 野村不動産 「横浜野村ビル」竣工 総合

    野村不動産は、横浜市西区みなとみらい21地区の大規模オフィスビル「横浜野村ビル」を1月31日に竣工し、2月13日に竣工式を行った。基準階面積1200坪(約4000平方メートル)を超える国内最大級のオフィスビルとなる。 (続く)

  • 三菱地所 「大手町パークビルディング」竣工 総合

    三菱地所が東京都千代田区大手町1丁目で開発を進めていた「大手町パークビルディング」が1月31日に竣工し、2月13日に竣工式典を行った。大手町初の住機能として、中長期滞在に対応するサービスアパートメント130室を22~29階に整備した「アスコット丸の内東京」は3月30日に開業を予定している。 (続く)

  • UR都市機構 復興・団地景観フォト&スケッチ展を開催 総合

    UR都市機構は、これまで全国から寄せられた「団地景観フォト&スケッチ展」と「東日本大震災 復興フォト&スケッチ展」の多数の応募作品の中から、一部を展示する作品展を開催する。横浜では2月に、福島、岩手、宮城では3月に開かれる。詳しい問い合わせはUR都市機構広報室まで。電話は03(5323)2756。 (続く)

  • LIXILなど サ高住モデル「プレミオ川口」オープン 総合

    LIXILの介護付優良老人ホーム、住宅型優良老人ホームを運営しているシニアライフカンパニーでは、同社初の“アクティブな暮らしと生活の安心を備えた”サ高住モデル「Premio(プレミオ)」運営受託事業の第1号として、3月に埼玉県川口市で「プレミオ川口」をオープンする。高齢者にとっての過ごしやすさに配慮した住まいづくり・提供サービスが施される。 (続く)

  • 小田急不動産他 3世代リフォームのセミナー開催 総合

    小田急不動産、小田急ハウジングとブルースタジオは、東京都町田市薬師台のやくし台自治会館で、「家と家族をつなぐ、3世代リフォーム」セミナーを2月19日に開催する。町田やくし台は大規模な住宅団地だが、入居者の高齢化が進んでいる。このセミナーは「やくし台に住み続けたい」という多くの声に対する住まいの解決策のひとつとして開催するもの。問い合わせは小田急不動産総務部で、電話03(3370)1110。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています