お知らせ
『耳勉』は、限られた時間の中で効率よく暗記できる暗記促進アプリです。

総合記事一覧

  • 「ラゾーナ川崎プラザ」でロボットの実証実験 三井不動産ほか 総合

    三井不動産とNTTデータは3月20日から5月31日まで、三井不動産商業マネジメントの運営・管理する商業施設「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」で、コミュニケーションロボット「Sota」を活用した実証実験を行う。 同実証実験は、施設内の各所に「Sota」を設置し、ロボットとのコミュニケーションや来店客に合わせた店舗提案を行うことで、施設内の回遊や購買行動にどのような影響を与えるかを検証するというもの。両社は商業施設におけるコミュニケーションロボットの効果や活用方法を精査し、顧客満足度の向上を目指していく考えだ。 (続く)

  • 埼玉県東松山市にマルチテナント型物流施設を竣工 プロロジス 総合

    プロロジスは3月16日、埼玉県東松山市仲田町にマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク東松山」を竣工した。 立地は国道407号線に面し、関越自動車道東松山ICから約5キロメートル、圏央道川島ICから約8キロメートル。都内に加え、関東全域や東北地方への広域配送にも適している。 敷地面積は3万1170平 (続く)

  • コマーシャルの一場面

    サッカー日本代表応援CM放送開始 大東建託 総合

    大東建託は、サッカー日本代表を応援するCM「レッド&ブルー」編の放送を、いずれも東京都内の渋谷駅前の109フォーラムビジョンと明治神宮前駅付近の原宿表参道ビジョンで開始した。今後はテレビでも放送する。 日本中のサッカーファンから託された想いをボールに込め、応援を力に強くなり、ゴールを目指す選手たちの姿を表現している。   (続く)

  • 東京ガスと関西電力など 不動産事業における戦略的連携に合意 総合

    東京ガスと関西電力、両社のグループ企業である東京ガス不動産ホールディングス、東京ガス都市開発、関電不動産開発は3月15日、不動産事業における戦略的連携に合意したと発表した。 この連携を踏まえ、両社グループは不動産事業における共同事業の検討や推進、ノウハウの共有などを進めていく。 同日には、関電不動産開発、東京ガス都市開発が京浜急行電鉄、京阪ホールディングス、竹中工務店、みずほ信託銀行、みずほ銀行と共に、芝パーク特定目的会社を通じて、芝パークビル(東京都港区)の信託受益権取得を発表。今回の取 (続く)

  • 田村観光庁長官(左)に申請書類を手渡すエアビー責任者のレヘイン氏

    エアビー、民泊で登録申請 観光庁を訪問 総合

      民泊物件サイト大手、エアビーアンドビーのクリストファー・レヘイングローバル政策担当最高責任者が3月15日、観光庁を訪問し、同日から受け付けが始まった住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく住宅宿泊仲介業者登録の申請書類を田村明比古観光庁長官に手渡した。 レヘイン氏は、「本日、書類を提出することができ、光栄に思う。日本を訪れる観光客がより増えるようにしたい」と述べた。 それに対し、田村長官は、「一定のルールのもとで健全な民泊の普及を図る。民間事業者と協力していく」と語った。 日本ではエアビーアンドビーのサイトに現在、6万超の物件が掲載されている。同社では、6月15日の民泊新法施行以降は、自治体から通知される届出番号の入力がない物件は削除する方針を示している。   (続く)

  • 戸建て住宅団地でABINC認証の第一号に 住林緑化 総合

    住友林業緑化は3月13日、神奈川県秦野市の戸建て住宅団地「フォレストガーデン秦野」で、いきもの共生事業所認証「ABINC認証」を取得した。 同認証は自然と人との共生を企業に促すため、生物多様性保全の取り組み成果を認証するもの。戸建て住宅団地・街区版としては今回が第一号認証となる。 住友林業緑化は住友林業の100%子会社で緑化事業の専門会社。「フォレストガーデン秦野」の質 (続く)

  • 17年のホテル取引件数は前年比11%減 JLL調べ 総合

    JLLのホテル資産取引に関する調査によると、17年通年の取引ホテル数は56件、16年と比較すると11%減少。取引額も約3990億円となり、前年を13%下回った。 日本における商業用不動産(ホテル含む)の17年通年取引額が前年比13%増を見せたにもかかわらず、ホテル資産の (続く)

  • 「売りたい市区町村」で世田谷区が2年連続1位 スマイスター調べ 総合

    不動産関連の比較サイト「スマイスター」を運営するシースタイルは3月13日、「売りたい市区町村ランキング2018」を集計。これは「スマイスター」の不動産売却に査定依頼のあった行政区を集計したもの。ランキングでは東京都世田谷区が2年連続で1位となった。 集計期間は17年1月1日~12月31日の1年間。世田谷区は毎月、上位10位以 (続く)

  • 関西支社を大阪市北区のグランド大阪タワーAに移転 CBRE 総合

    CBREは3月12日、関西支社を移転した。これまでは大阪市中央区安土町に関西支社を設けていた。移 (続く)

  • 大阪グレードAオフィスの空室率が0.1%に CBRE調べ 総合

    CBREは3月8日、2月時点の三大都市オフィス空室率、賃料を発表した。 空室率は東京グレードAが前月比0.1ポイント増の2.4%、大阪グレードAが同0.2ポイント減の0.1%、 (続く)

  • 3月24日に「生前贈与」テーマの講義 松井産業 総合

    松井産業(埼玉県三郷市、松井宏之社長)は3月24日、地主・賃貸オーナー向けのスクーリング「エムタウン情報学院」を開催する。今回のテーマは「生前贈与」。場所は同社の本社セミナールーム(三郷市彦成1の1)、時間は午後1時30分から4時まで。参加無料で要事前申し込み(先着20人)。 講師を務めるのは、(一社)相続診断協会の「相続診断士」でもある (続く)

  • 東京グレードAオフィス空室率は5カ月連続で2%台 JLL調べ 総合

    JLLは3月7日、2月末時点の東京Aグレードオフィスの空室率と賃料を調査し、結果を発表した。 空室率は前月比0.4ポイント減の2.1 %で、前年比では0.2 ポイントの減少。5カ月連続で2%台の低さとなっている。堅調な企業の移転需要が続いてい (続く)

  • 入居者向け、オーナー向けサイト利用者増加 東急住宅リース 総合

    東急住宅リースは、2016年5月に提供を開始した入居者向け専用サイト「かなえていくリーブル」の会員が1万人を突破し、2017年11月に提供を開始したオーナー向け専用サイト「オーナーボックス」の利用者が3000人を超えたと発表した。 入居者向けサイトでは、賃貸借契約手続きの状況や緊急連絡窓口などを確認でき、同社からのお知らせ情報のほか、約50の割引優待サービスを提供しており、今後は、従来の書面手続きをこのウェブでできるようにする。一方、オーナー向けサイトでは、毎月の収支報告などの閲覧が可能で、付帯の有料サービスでは確定申告書の作成作業を完結でき、今後は入退去後の工事申請や承認、賃貸経営に関する情報管理ができるよ (続く)

  • 参加者全員で記念撮影した。

    障がい持つ子供たちに野球教室 伊藤忠アーバンなど 総合

    伊藤忠アーバンコミュニティはこのほど、CSR活動の一環として伊藤忠商事が主催し、東京・神宮外苑室内球技場で行われた「第11回伊藤忠野球教室」に参加協力した。障がいを持つ子供たちにスポーツのルールを守る重要性を知ってもらい、新しい友達やボランティアとの交流を楽しく体験してもらうのが目的。 当日は、元ヤクルトスワローズの度会氏、河端氏、徳山氏の指導の下で練習を行い、小中学生から高校生までが楽しんた。伊藤忠アーバンコミュニティ野球部所属の社 (続く)

  • 流山プロジェクトの最初の物流施設が竣工 日本GLP 総合

    日本GLPは3月5日、千葉県流山市でマルチテナント型の物流施設「GLP流山1」を竣工した。 3棟から成る、総延べ床面積32万平方メートルのプロジェクトは総投資額は約590億円。16年9月から17年10月にかけて3棟が順次着工した (続く)

  • 有村智恵選手

    女子プロゴルファーの有村、永井両選手とスポンサー契約 ミサワホーム 総合

    ミサワホームは3月1日、女子プロゴルファーの有村智恵選手とスポンサー契約を更新。また、昨年のルーキーイヤーに初優勝し、獲得賞金ランキング20位に入った永井花奈選手とは新たに契約を締結した。 両選手のチャレンジ精神と前向きな姿勢 (続く)

  • スマホやPCから、いつでもどこでも受講が可能

    2018年版eラーニング宅建講座提供開始 オーナーズエージェント 総合

    オーナーズエージェントは、ウェブ受講型宅建士講座「スタケン~スターカレッジ宅建講座~」の2018年版の提供を3月5日から開始する。従来のeラーニング形式に加えて今回、スマートフォン用アプリを開発した。 搭載機能を使えば、過去問への挑戦・成績分析や受講者同士の情報交換を簡単にできる。4月末までの早期契約もしくは法人での複数人分の購入には割引キャンペーンを適用す (続く)

  • 北海道に支部設立、土屋ホーム専務の星英也氏が支部長に 木住協 総合

    日本木造住宅産業協会(木住協)は2月28日、札幌市中央区のニューオータニイン札幌で支部設立総会を開いた。 支部名称は「日本木造住宅産業協会北海道支部」。支部長には土屋ホームの星英也専務が就任。副支部長にはこまいホームの駒井隆雄代表取締役とYKK AP北海道支社の宮原弘樹支社長が就いた。 (続く)

  • 埼玉県内全「あずみ苑」が多様な働き方実践企業認定 レオパレス21 総合

    レオパレス21の運営する埼玉県内の介護施設「あずみ苑」21施設が、埼玉県から「多様な働き方実践企業」の「シルバーランク」に認定された。 短時間勤務やフレックスタイムなどの男女共にいきいきと働き続けられる環境づくりを行っているとして評価された。既に「プラチナランク」の認定を受けている「あずみ苑グランデ草加」1施設を含めると、「あずみ苑」としては全22施設が認定を受けた。 (続く)

  • 「民泊」禁止は管理組合の8割 管理協調べ 総合

    マンション管理業協会は、会員社(365社)が受託する管理組合での「民泊」の対応状況に関する調査結果をまとめた。管理規約で「民泊」を「禁止する」決議をしたのは全体の80・5%、一方で「容認する」決議をしたのは0・3%にとどまり、8割の管理組合が「民泊」に反対の姿勢を示している。 会員社308社(受託組合数 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています