お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

マンション・開発・経営記事一覧

  • 長谷工、マンション向け「杭」開発 性能維持しつつ経済的に マンション・開発・経営

    長谷工コーポレーションはこのほど、日興基礎と大亜ソイルと共に、場所打ちコンクリートによる中間拡径杭「HND―NB工法」を開発し、ベターリビングの建築技術審査証明と評定を取得したと発表した。従来の「HND工法」よりも杭長が短く、杭径も細いものの、同等の支持力と引き抜き抵抗力を持つという。使用するコンクリート量を削減することができるため経済的で、施工時間も短い。 同社が設計・施工する新築分譲マンションに積極的に採用していく。   (続く)

  • 19年春 法隆寺の参道に門前宿をオープン 積水ハウス マンション・開発・経営

    積水ハウスは、和空プロジェクト(大阪府大阪市、熊澤克己社長)と業務提携して取り組んでいる「宿坊創生プロジェクト」の一環として、奈良県の世界遺産・法隆寺の参道に門前宿「和空法隆寺」を開設する。積水ハウスが建物の設計・施工を担当し、和空プロジェクトが管理運営を行うもので、4月に大阪市で開業した「和空下寺町」に続く第2弾の事業となる。建物は18年8月に着工、19年1月に竣工し、19年春に開業する予定。 「宿坊創生プロジェクト」は、日本の伝統寺社の魅力を国内外に発信することなどを目的として両社が取り組んでいる事業。今回の「和空法隆寺」は法隆寺への参拝や周辺の (続く)

  • 西葛西に「アパホテル(TKP東京西葛西)」を開業 TKP マンション・開発・経営

    ティーケーピー(以下TKP)はアパホテルとフランチャイズ契約を締結し、12月1日に東京都江戸川区西葛西に「アパホテル(TKP 東京西葛西)」を開業した。 同物件は東京メトロ東西線・西葛西駅から徒歩1分の立地。敷地面積が618.86平方メートル、延べ床面積が2549.60平方メートル、地上6階建て。客室が124室で、1階には会議や懇親会、朝食会場として利用できるバンケットを備えた。 TKP (続く)

  • 19年秋に相鉄フレッサインを兵庫県に初出店 相鉄G マンション・開発・経営

    相鉄グループの相鉄ホテルマネジメント(神奈川県横浜市、吉田修社長)は19年秋、「相鉄フレッサイン」ブランドとしては兵庫県初出店となる「(仮称)相鉄フレッサイン神戸三宮」を出店する。 出店予定地はJR三ノ宮駅などから徒歩圏で、ビジネスをはじめレジャーやインバウンドなど、幅広い客層からの支持を狙う。建物は鉄骨造の地上14階建て、延べ床面積は約5880平方メートル、客室数は271室となる予定。 (続く)

  • 三菱地所 みなとみらい21地区47街区の複合施設着工 マンション・開発・経営

    三菱地所は12月1日、コーエーテクモゲームスの本社オフィスを含む複合施設開発計画「MM21地区47街区開発計画(仮称)」を着工した。横浜・みなとみらい21地区47街区の一部で、竣工は20年1月を予定している。ライブハウス型ホールやホテル・店舗からなる全体延床面積約3万7000平方メートルの複合施設などを開発するもの。 (続く)

  • 物流施設事業に本格参入、首都圏で第1弾を着工 新日鉄興和不動産 マンション・開発・経営

    新日鉄興和不動産は12月1日、物流施設「LOGIFRONT(ロジフロント)」シリーズを新規に展開し、第1弾となる「LOGIFRONT越谷1」を着工した。 同施設は国道16号線の内側、都心から25キロメートル圏内、東京外環自動車道「草加」ICから約6キロメートルに位置。国道4号線へのアクセスも良好で、道路の混雑状況に応じた配送ルートの選択が可能。1~ (続く)

  • 分譲マンションに無人コンシェルジュ導入 大和ハウス工業など マンション・開発・経営

    大和ハウス工業と大和ライフネクスト、ファミリーネット・ジャパンの3社は、無人コンシェルジュサービス「ヒューマンシェルジュ・ダイレクト」を共同開発した。 大和ライフネクストが管理する分譲マンションの常駐有人コンシェルジュサービスを進化させ、宅内インターホンの液晶画面で専用ボタンを押すと、別の場所にいるコンシェルジュデスクに直接つながり通話できる。18年1月中旬販売開始予定の「プレミスト代々木公園パークフロント」(渋谷区富ヶ谷)から導入 (続く)

  • 注目集めるレンタル収納スペース事業、推進協がフォーラム 総合

    レンタル収納スペース推進協議会はこのほど、都内でフォーラムを開いた。レンタル収納スペース事業者のほか、金融、不動産業界から約150人が参加した。 冒頭、同協議会の多田充伸代表理事は、「ここ数年でレン (続く)

  • 「京橋エドグラン」来館者、開業1年で460万人 日土地 マンション・開発・経営

      日本土地建物はこのほど、東京都中央区に立地する複合施設「京橋エドグラン」の来館者数が、開業から1年で延べ460万人超になると発表した。この数字は、当初想定と比べて15%増。オフィス入居者の増加に加え、魅力的な店舗や緑豊かなオープンスペースなどを生かしたタウンマネジメントによって賑わいづくりを進めたことが奏功したという。 (続く)

  • 東京建物 「ブリリア大山パークフロント」第1期62戸を即日登録完売 マンション・開発・経営

    東京建物は、東京都板橋区大山西町で開発しているマンション「ブリリア大山パークフロント」の第1期販売62戸を即日登録完売した。同マンションは働く女性が提案する住まいの共創プロジェクト「Bloomoi(ブルーモイ)」の参画により、同プロジェクトの企画商品を随所に採用している。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています