お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

資格・実務記事一覧

  • 「スマートマスター」認知促進へテレビCMを放映 家製協 資格・実務

    家電製品協会認定センター(森拓生センター長)は11月2日から、16年に創設した資格「スマートマスター」の社会的認知の促進のため、TBS系列の報道番組「NEWS23」を提供しテレビCMを放映する。同センターは「同資格の保有者や今後受験を計画している人などにぜひ見てもらい、より多くの人に周知してもらえたら」と話している。 同番組の放送局はTBS系列28局ネット(秋田県、福井県、徳島県、佐賀県を除く)で、放送時間帯は月曜日から木曜日が午後11時から11時56分まで、金曜日は午後11時30分から午前0時15 (続く)

  • 管理者、実務者の業務効率化 「テレワーク導入研修」発売 イマクリエ 資格・実務

    約2000人のテレワーカーが在籍するイマクリエ(東京都港区)は10月24日、「テレワーク導入研修」の販売を開始した。これまで300社以上の企業との取引実績で培ったノウハウをもとに、テレワークを導入し業務効率を上げたい企業を対象に、管理者向け、実務者向けのトレーニングを実施する。発売価格(目安)は45万円~ (続く)

  • 17年度不動産鑑定士試験、106人が合格 資格・実務

    17年度の不動産鑑定士試験の合格発表が10月20日に行われ、合計で106人が合格した。男性が89人、女性は17人。合格者の最高齢は56歳で最年少は21歳。30歳未満が全体の32・8%を占めた。8月の試験には733人が受験 (続く)

  • 9年ぶりに受験者20万人超え 17年度宅建試験 資格・実務

    17年度の宅地建物取引士資格試験が10月15日に行われ、試験実施機関の不動産適正取引推進機構によると昨年を約5%上回る20万9145人が受験した。合格発表は11月29日に行われる。 今年の試験の難易度は住宅新報社講師陣の見解によると、合格基準点が35点だった昨年とほぼ同じか、やや難しい問題レベルだった。 (続く)

  • 249人が合格 再開発プランナー試験 女性が増加 マンション・開発・経営

    再開発コーディネーター協会は10月6日、17年度再開発プランナー試験(筆記試験)の合格者を発表した。8月27日に東京と大阪で試験を行ったもので、合格者は249人(16年度211人)だった。受験者は853人で合格率は29.2%(同27.8%)。 合格者の属性を見ると、 (続く)

  • 17年度ビル経営管理士試験 10月1日から受験申し込み受け付け開始 資格・実務

    17年12月10日に実施されるビル経営管理士試験の受験申し込み受け付けが10月1日から開始される。受験申し込み方法は、試験実施団体である日本ビルヂング経営センターのホームページ受験申し込みサイトからのウェブ申し込みとなっており、10月31日が締め切り。 (続く)

  • 不動産仲介士の受験申し込み10月2日から 日本RSP協会 資格・実務

    日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会(日本RSP協会)は、不動産営業実務者向けの「第17回不動産仲介士試験」の受験申し込みを10月2日から11月2日に受け付ける。本試験は12月7日13時30分から、東京・名古屋・大阪・福岡などの各会場で行う。 協会員であれば誰でも受験できる。問題は全60問、4者択一のマークシート記入方式。受験料は10000円(税込み)、合格発表は18年1月25日に日本RSP協会HP上に掲載する。   (続く)

  • 受験者増加続く 再開発プランナー試験 資格・実務

    再開発プランナー試験(筆記試験)が8月27日に行われ、試験を運営している再開発コーディネーター協会によると853人が受験した(東京会場は704人、大阪会場は149人)昨年に比べて受験者は95人増えており、これで3年連続の増加。 筆記試験合格者は、都市再開発事業に関連する実務経験が3年以上あることについて、実務経験審査を受け、合格し、登録を受けることで再開発プランナーとなる。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています