お知らせ
ホームステージング

賃貸・管理記事一覧

  • 女優の桜井日奈子さんが登場する1シーン

    一人暮らしを後押し、新CM放映開始 大東建託 賃貸・管理

    大東建託は、「いい部屋ネット」の新CM「一人暮らし」編の放送を開始した。ブランドイメージのメロディーに合わせ、女優の桜井日奈子さんとお笑い芸人コンビのハリセンボンの2人がダンスを披露。桜井さんの一人暮らしの (続く)

  • マンション管理士試験で問題に誤り マンション管理センター マンション・開発・経営

    マンション管理センターは、11月26日に実施した「平成29年度マンション管理士試験」で試験問題の「問21」に誤りがあったと発表した。誤っているものを1つ選ぶところ、誤っている選択肢が2つあることが判明。2つある正答の選択肢のいずれも正解の扱いとする。なお、合格発表は2018年1月12日を予定している。 (続く)

  • 「広告表示チェック機能」でおとり広告対策 いえらぶG 賃貸・管理

    いえらぶGROUP(東京都新宿区)は12月21日、不動産業務支援クラウドサービスの「いえらぶCLOUD」内に、「広告表示チェック機能」をリリースした。同クラウド内に登録されている物件情報を確認し、不足情報や禁止文字など入力の不備を自動的に検出する機能。ポータルサイトやHPに出稿する際に適切な広告表示が可能となるため、不動産会社は意図せぬ「おとり広告」を防ぐことが期待できる。 (続く)

  • 全国支部長会議の当日の様子

    全国47支部長会議を開き情報共有 日管協 総合

    日本賃貸住宅管理協会(日管協)はこのほど、全国47支部の支部長が一堂に会し、北九州市で第2回全国支部長会議を開催した。今回の会合では各支部での活動などの事例が発表された。 集客に苦戦する状況にウェブ広告だけでなく、テレアポを使った成功事例を紹介。多くの支部長からは、「集客だけでなく実務にも効果が期待できる」との声が上がり、 (続く)

  • 締結式の会場で

    宮城県警と特殊詐欺防止で協定 大京アステージ・穴吹コミュニティ 総合

    大京アステージと穴吹コミュニティの両社東北支店は、宮城県警察と「特殊詐欺等の犯罪被害防止のための連携・協力に関する協定書」を締結した。マンション管理会社と宮城県警察が同協定を締結し、連携・協力するのは宮城県内で初めてだという。 今後、両支店では居住者に対する情報提供や、啓発チラシの配布、啓発ポスターの掲示などの広報活動により、被害防止を啓発していく。 (続く)

  • 京大の国際交流会館事業で優先交渉権を獲得 学生情報センター 賃貸・管理

    東急不動産ホールディングスグループの学生情報センターは12月21日、「(仮称)京都大学(百万遍・東山二条)国際交流会館整備・運営事業」の事業者選定において、運営事業者として採択され、優先交渉権を獲得したと発表した。 同事業は京都市左京区百万遍にある旧京都府警察独身寮と、東山二条に位置する旧農林水産省大阪営林局宿舎の跡地に、民間資金を利用して京都大学が新たな国際交流会館(留学生宿舎)をそれぞれ1棟建設するもの。18年12月に着工、19年10月の供用開始を予定する。 留学生や外国人研究者の受け入れ体制の充実を図る京大の取り組みに、同社は学生用住居の管理運営のノウハウを生かし、貢献していく考え。 (続く)

  • 最優秀賞作品と受賞者の小川さん

    学生下宿年鑑の表紙学生コンペで最優秀賞決まる ジェイ・エス・ビー 総合

    全国で学生マンションを事業展開するジェイ・エス・ビーは、芸術系専門学校生を対象に7月から募集していた「学生下宿年鑑2018表紙デザインコンペ」の最優秀賞として、仙台デザイン専門学校グラフィックデザイン学科2年の小川佑梨子さんの作品を選んだ。 応募総数は約180点。最優秀賞作品は実際に表紙として採用する。2位は、小川さんとクラスメートの伊藤京太郎さんの作品が選ばれている。 (続く)

  • 駆け付けサービスで業務提携 アクトコール、東京ロケット 賃貸・管理

    アクトコールと東京ロケットは12月20日、協業に合意し業務提携を結んだ。 アクトコールは住宅設備に特化したコールセンターと、協力会社のネットワーク「ACT-NET(アクトネット)」を生かし、住居 (続く)

  • トルコの「カッパドキア」をイメージした

    リノベ商品に「カッパドキア」イメージの新デザイン クラスコ 賃貸・管理

    クラスコデザインスタジオは、全国展開するリノベーションブランド「リノッタ」の新デザインで、「DOKUTSULIFE」をリリースした。 フランチャイズ加盟店が物件オーナーなどに提案するリノベ商品。白っぽく削りやすい岩質を生かし、岩石をくり抜いて住まいとするトルコのカッパドキアをイメージ。この世界遺産に登録された情景を室内で再現できる。 &n (続く)

  • AI体験イベントに管理会社など15社参加 FNJ 賃貸・管理

    ファミリーネット・ジャパン(東京都品川区)は、12月11日と15日の2日間にわたり、AIを活用した音声対話サービス「AI管理員/AIコンシェルジュ」の体験イベントを開催、マンション管理会社を中心に15社が参加した。開催場所となったネクストサイバー・ギャラリーは、同社本社内に併設したギャラリースペースで、同社が提供中のサービスや最新技術を紹介している。 (続く)

  • JR秋田駅に開設の学生マンション運営管理に参加 JSB 賃貸・管理

    学生マンションの企画開発・仲介・運営管理を総合的に手掛けるジェイ・エス・ビー(JSB)は12月18日、東日本旅客鉄道(JR東日本)が秋田県、秋田市と進める「ノーザンステーションゲート秋田」計画に参画することを発表した。JSBは20年春にJR秋田駅東口に開設される食事付き学生マンションの運営管理を行う。 今回の事業はJR東日本が秋田駅東口に所有する用地(約1200平方メートル)を活用。秋田県で初となる「食事付き学生マンションと宿泊機能を備えた合宿所」の建設運営をJR東日本、第一建設工業、秋田ステーションビル、北都銀行、JSBの5社で取り組むもの。JSBは北都銀と地域振興の分野における相互連携 (続く)

  • 東京ガス区域で都市ガス事業を開始 ガスパル 賃貸・管理

    大東建託100%出資子会社でLPガスを供給するガスパルは12月18日から、東京ガスの供給区域で都市ガス提供サービス「いい部屋ガス」を開始した。使用量に関わらず、東京ガスが提供する一般料金よりも一律3パーセントを割引する。大東建託グループが管理する賃貸住宅の新たな入居者が対象となる。 自由化された都市ガス市場では、使用量が増えると単価が下がる料金体系が一般的だが、賃貸住宅で、 (続く)

  • 新しいアプリシステムのコミュニケーションイメージ

    IoTやAIサービス強化などで子会社設立 インヴァランス 総合

    インヴァランスは子会社として、「ACCELLAB」(アクセルラボ)と「スペロボ」を設立し、事業を開始した。設立の狙いには、自社開発のIoT、投資を行ったスマートホームAIを活用した事業の強化、新たなIoT・AI関連サービス、事業の開発や提供にあり、住空間のスマート化を提案していく (続く)

  • エフマイナー、VRのクラウドソフトがJKK東京に採用 賃貸・管理

    エフマイナー(東京都渋谷区)は、同社が提供するクラウドソフト「3D Stylee(スリーディースタイリー)」が東京都住宅供給公社(JKK東京)に採用されたと発表した。JKK東京が管理する賃貸物件への入居申し込みはHPからが中心。高品質な360度VRコンテンツを直感的な操作で制作できる「3D Stylee」を導入、VR化した物件情報をHPで発信することにより、子育て世帯や高齢者等の内見が困難な利用者の利便性向上に努める。今 (続く)

  • 5カ月連続で増加 首都圏11月の賃貸成約 アパートが新築・中古共に好調 賃貸・管理

    アットホームの調査によると、11月の首都圏における居住用賃貸物件成約数は1万6746件で、前年同月比2.3%増となり、5カ月連続でプラスとなった。アパートが新築・中古共に好調で同6カ月連続増と好調だった。マンションは新築が同4カ月連続増。中古は23区の成約増が神奈川県・埼玉県の減少をカバーし、再び増加に転じた。エリア別に見ると、東京23区は7709件で同7.4%増、東京都下(1438件 (続く)

  • サービスのイメージ図

    管理会社向け入居者管理アプリ提供開始 ファミリーネット・ジャパン 賃貸・管理

    ファミリーネット・ジャパンは、入居者との円滑なコミュニケ―ションをサポートするクラウド型アプリケーションサービス「おへやアプリ」(TM)を賃貸管理会社や社員・学生寮の運営管理受託会社など向けに提供を開始する。 サービス内容は、入居者サイト(スマートフォンアプリ、パソコン)とそのサイトを簡便に設定変更できる管理画面がセットになる。導入すれば、バックオフィス機能の業務を効率化できるという。例えば、画面を通じて入居者に情報を発信でき、電話や来店してもらわなくても、更新や退去の手続きができる。同社の試算によると、管理物件が4000戸の場合に1戸当たりの月額費用は約50円となる。 (続く)

  • 新CMの1場面

    新CMにHKT48の指原莉乃さん起用 ハウスメイト 総合

    ハウスメイトパートナーズは、イメージキャラクターにアイドルグループでHKT48の指原莉乃さんを起用した新テレビCMの放送を12月16日から開始する。 グレーのスーツを着用した社員役の指原さんが、忍者ファミリーの要望に応えて部屋探しを手伝うというストーリー。今回、ブランドスローガンも刷新させ、より身近に相談しやすい店舗づくりの目標をコマーシャルを通じて伝える。12月15日から2018年3月 (続く)

  • 屋内での視聴イメージ

    実物大3D建物プレゼンを開始 大東建託 総合

    大東建託は12月から、全国の建築事業部17カ所でマイクロソフト社製のゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「ホロレンズ」を配備する。実物大の3D建物を用いたプレゼンテーションで利用を開始。現地や屋内(30分の1スケールに縮小)でも立体的に確認できるため、現地見学会などの際に土地オーナーとプランイメージを共有化しやすくする。   (続く)

  • 管理業務主任者試験の受験者約1・7万人 マンション管理業協会 総合

    マンション管理業協会は、12月3日に全国8試験地・18会場で実施した、2017年度管理業務主任者試験の受験状況をまとめた。申し込み者2万98人に対し、実際の受験者は1万6950人となり、受験率は84・3%だった。昨年度の受験率83・7%を上回った。合格発表は18年1月19日に全受験者に対して郵便で合否を通知する。 (続く)

  • 東京・豊島のUR賃貸住宅をサブリース 東急住宅リース 賃貸・管理

    東急住宅リースは、UR都市機構が所有する都心高額賃貸住宅「アーバンライフ目白駅前」と「アクティ上池袋」(いずれも東京都豊島区内)の2物件について、入札で運営事業者に決まった。18年2月1日から10年間のサブリース契約を締結する。 運営(経営)と共用部・専有部の修繕と維持管理などを担う。譲渡に係る優先交渉権も付与されている。同社がUR都市機構所有の賃貸住宅をサブリース契約するのは初めてという。   (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています