お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

営業・データ記事一覧

  • 平均賃料は44カ月連続上昇 東京ビジネス地区 三鬼商事調べ 営業・データ

    三鬼商事がこのほど発表した東京の最新オフィスビル市況によると、東京ビジネス地区(千代田、中央、港、新宿、渋谷区)の8月時点の平均賃料は1万8957円(坪当たり)で、前年同月比3.47%プラス、前月比0.22%プラスとなった。東京ビジネス地区の平均賃料はこれで44カ月連続の上昇。 (続く)

  • 野村不動産パートナーズ 「住まいサーフィン」で9年連続1位 総合

    野村不動産パートナーズは不動産マーケティングのスタイルアクトの運営する分譲マンション購入者向けサイト「住まいサーフィン」によるマンション入居者への管理満足度調査の結果、9年連続で1位となった。同調査は09年に開始され、今回で9回目となる。 (続く)

  • 8月新築戸建ては首都圏で横ばい、中古は三大都市圏で上昇 東京カンテイ 営業・データ

    東京カンテイが発表した8月の新築一戸建て住宅の価格(木造・所有権物件/土地面積100平米以上300平米以下)によると、首都圏は前月比マイナス0.1%の3410万円、近畿圏はプラス0.5%の2894万円、中部圏はプラス0.3%の2968万円となった。中部圏は連続上昇しており、首都圏では前月までの下落基調から横ばいに変化した。 一方、中古は首都圏で0.8%プラスの2949万円となった。近畿圏は1.4%プラスの2343万円、中部圏は1.6%プラスの2075万円となり、三大都市圏は上昇した。   (続く)

  • 前月比再び下落 7月・首都圏、新築戸建て成約価格 営業・データ

    アットホームの調査によると、7月の首都圏における新築戸建て住宅の平均成約価格は3446万円(前月比1.6%下落)で、再び下落した。エリア別に見ると、東京23区の平均価格は4925万円(同6.0%上昇)、成約数が最も多い神奈川県も3702万円(同0.5%上昇)と上昇したが、成約数は共に減少し、他の3エリアの価格下落をカバーできなかった。東京都下 (続く)

  • JR中央・総武緩行線、「代表的な駅は秋葉原」 LIFULL調べ 営業・データ

    LIFULL(東京都千代田区)はこのほど、「JR中央・総武緩行線の駅に関する調査」を発表した。それによると、千葉駅から三鷹駅までの39駅のうち、「住みたい駅」1位は津田沼、「はやりそうな駅」1位は船橋となった。また、「最も代表的だと思う駅」 (続く)

  • 手書きの入居申込をテキスト化するツール販売 セイルボート 賃貸・管理

    セイルボート(広島県広島市)は、国内初という、不動産賃貸業務に特化した電子申込顧客管理ツール「キマRoom!Sign」をリリースした。賃貸入居申込業務でこれまで、管理会社と仲介会社間で紙とFAXで行っていたやりとりをタブレットに手書き入力できるもの。 管理会社や仲介会社の生産性向上と申込人の利便性を高めるのが狙い。手書き文字をリアルタイムにテキス (続く)

  • 土地価格は全国で7期連続プラス 全宅連調査 賃貸・地域・鑑定

    全国宅地建物取引業協会連合会が行った「第6回不動産市況DI調査」によると、7月1日時点の土地価格の実感値は全国で10.2㌽となり、調査開始以来最も高い数値になり、7期連続のプラスになった。地域別では、近畿地区(18.3㌽)と九州地区(20.2㌽)の値が高かった。3カ月後の予測値もすべての地域でプラスの予測だが、7月の実感値に比べるとポイントは減少した。 調査は、全宅連モニターを対象にインターネットで実施。不動産価格、取引動向について現状および3カ月後の見通しを調査分析している。   (続く)

  • 17カ月ぶりに増加 首都圏7月の賃貸成約 中古マンションが回復 賃貸・管理

    アットホームの調査によると、7月の首都圏における居住用賃貸物件成約数は1万7679件で、前年同月比4.4%増となり、17カ月ぶりにプラスに転じた。成約の3分の1を占める中古マンションが同15カ月ぶりに増加に転じたことが大きな要因。エリア別に見ると、東京23区は8244件で同9.0%増、東京都下(1515件、同10.3%増)と、この2エリアが目立つ。一方、神奈川県(4372件、同2.6% (続く)

  • 23区のビル新規賃料は上昇、空室率は低下 東京ビル協調べ 営業・データ

    東京ビルヂング協会はこのほど、17年7月期の「ビル経営動向調査」結果を発表した。会員を対象に四半期ごとに実施し、最新の賃料水準と空室率をアンケートした上で、経営者が肌で感じた景況感をたずねて指数化したもの。回答会社数は137社 (続く)

  • 不動産テック特化の新メディア「スマーブ」提供開始  リブセンス 営業・データ

    リブセンス(東京都品川区)は8月23日、不動産テックの最新情報をワンストップに提供するニュースメディアサイト「SUMAVE(スマーブ)」(https://www.sumave.com/)の提供を開始した。日本での不動産テックの浸透と活性化を推進する狙い。会員登録が不要で、記事は全て無料で閲覧できる。 (続く)

  • 首都圏7月中古マンション売り価格 前月から横ばい 売買仲介

    東京カンテイが発表した7月の中古マンション価格(70平方メートル換算、売り希望価格)によると、首都圏は前月比で横ばいの3562万円となった。前年同月比を見ても上昇率は縮小しつづけている。 都県別に見ると東京都は前月比0.3%プラスの4826万円。東京23区では同プラス0.3%の5326万円。神奈川県(2825万円、同プラス0.1%)も僅かな上昇にとどまっており、ここ3カ月間で (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています