お知らせ

売買仲介記事一覧

  • リニューアルされたホームページ上のイラスト

    漫画家「うめ」氏の描き下ろし作品とHPを連動 伊藤工事 売買仲介

    総合建設業や不動産業を手掛ける伊藤工事(東京都荒川区、伊藤和芳社長)の賃貸不動産仲介業店舗「サンズハウス」がこのほどホームページをリニューアルし、「東京トイボックス」などの作品で知られる漫画家の「うめ」氏の作品との連動を開始した。 新ホームページのコンセプトは「コミック×地域情報」で、同氏や新人漫画家による描き下ろし作品などにより、画一的な物件紹介サイトではなく、コミックを中心としたサイト作りで閲覧ユーザーに楽しんでもらい、東京の下町の魅力を広く発信していくことを目的としている。URLはhttp://suns-house.com/。 (続く)

  • 不特事業第二号の投資募集開始 レオパレス21 総合

    レオパレス21は、任意組合型のスキームを活用した不動産特定共同事業商品として「LOVIE第二号」任意組合の募集を開始した。投資対象不動産は、東京都の中心エリアに位置する「LOVIE銀座東」となる。募集総額は14億円、募集総口数は1400口、申し込み単位は1口100万円で、最低5口からとする。運用期間は15年となる。 同社は17 (続く)

  • 17年12月中古マンション成約数 3カ月ぶりの増 東日本レインズ 売買仲介

    東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は1月15日、17年12月の首都圏流通動向をまとめた。首都圏の中古マンションの成約件数は3011件で、前年同月比0.6%増。ほぼ横ばいながらも3カ月ぶりに前年同月を上回った。中古戸建ての成約件数は10 (続く)

  • イタンジがnomad事業を譲渡  売買仲介

    イタンジ(東京都港区)は、ジャパンインベスターパートナーズ(東京都豊島区)に対し、nomad(ノマド)事業を譲渡する契約を1月1日付で締結した。「nomad」は、無店舗型の不動産仲介サービス。来店の必要がなく、直接希望する物件の見学へ向かうことができるほか、チャットで気軽に質問が可能。なお、イタンジは事業譲渡後もアドバイザーとして、「nomad」事業へ携わる。 また、イタ (続く)

  • ヘヤジンコインのテスト画面

    仮想通貨の不動産売買サービス開始 イタンジ 総合

    イタンジは1月10日から、仮想通貨で不動産の売買ができる新サービス「HEYAZINECOIN」(ヘヤジンコイン)を開始した。ビットコインで不動産を売買できるサービスは業界初という。現在、7物件を取り扱っており、18年9月までに物件掲載数1000件、取引数300件を目指している。 (続く)

  • ハウスドゥ 全国の加盟契約数が500店舗突破 売買仲介

    ハウスドゥ(東京都千代田区)は、全国の加盟契約数が17年12月31日現在で501店舗になったと発表した。同社は16年10月31日時点で400店舗を達成しており、その後14カ月で100店舗増加した。同社では、古田敦也氏をイメージキャラクターに起用したブランド戦略や、1 (続く)

  • 新規店舗「鶴見センター」を開設 大成有楽不販 売買仲介

    大成有楽不動産販売(東京都中央区)は1月6日、新規店舗の「鶴見センター」を開設した。JR鶴見駅徒歩3分の場所で、横浜市鶴見区を中心とし、神奈川区北東部、港北区エリアにおける営業強化を図る狙い。 住所は、神奈川県横浜市鶴見区豊岡町7 (続く)

  • C21・ジャパン FCコンサルティング室を開設へ 売買仲介

    センチュリー21・ジャパン(東京都港区)は18年1月1日から、加盟店の業績向上指導に特化した「FCコンサルティング室」を開設すると発表した。不動産業界の競争激化に伴い、より店舗に密着した営業指導が必要になっていると分析したため。 従来、フィールドサービス部が担ってきた加盟店支援機能と、トレーニングサービス部の研修機能の補完・橋渡し的役割も担う。加盟店は、無料でフルオーダー (続く)

  • 「広告表示チェック機能」でおとり広告対策 いえらぶG 賃貸・管理

    いえらぶGROUP(東京都新宿区)は12月21日、不動産業務支援クラウドサービスの「いえらぶCLOUD」内に、「広告表示チェック機能」をリリースした。同クラウド内に登録されている物件情報を確認し、不足情報や禁止文字など入力の不備を自動的に検出する機能。ポータルサイトやHPに出稿する際に適切な広告表示が可能となるため、不動産会社は意図せぬ「おとり広告」を防ぐことが期待できる。 (続く)

  • 首都圏11月中古マンション売り価格 引き続き上昇 売買仲介

    東京カンテイ(https://www.kantei.ne.jp/)が発表した11月の中古マンション価格(70平方メートル換算、売り希望価格)によると、首都圏は東京都での強含みや事例シェアの拡大によって前月比でプラス1.1%の3621万円と引き続き上昇した。 都県別に見ると東京都は前月比プラス0.6%の4841万円で前年同月とほとんど変わらない水準で推移し続けている。神奈川県(2859万円、前月比プラス0.1%)や埼玉県(2194万円、同プラス0.1%)ではわずかな強含みに留まったが、千葉県では、同プラス0.9%の1995万円となり、上昇傾向を維持して2000万円の大台に迫っている。 東京 (続く)

  • 前月比上昇しプラスに 11月・首都圏、新築戸建て成約価格 売買仲介

    アットホームの調査によると、11月の首都圏における新築戸建て住宅の平均成約価格は3481万円(前月比3.6%上昇)で、再びプラスに転じた。前年同月比も0.9%上昇で4カ月ぶりにプラスとなった。エリア別に見ると、東京23区の平均価格は4758万円(前月比1.2%下落)。東京都下は3660万円(同1.2%上昇)、神奈川県は横浜・川崎市の好調で成約数が5エリア中トップ (続く)

  • 上場セレモニーが開かれた(東京証券取引所)

    アルヒ 東証一部に上場 初値は1270円 売買仲介

    住宅ローン専門金融機関大手のアルヒは12月14日、東京証券取引所市場第一部に上場した。初値は1270円だった。同社は、「住宅ローン商品をはじめ、家探しのサポートから暮らしの優待サービスまでお客さまの人生に寄り添いながら応援していく『住生活プ (続く)

  • 不動産売買サポート新会社「フィルライフ」設立 スターツなど 総合

    スターツコーポレーションとリブセンスの2社は、ITを使って不動産売買などの取引をサポートする合弁会社「フィルライフ」の設立について、合弁契約締結で合意した。2018年1月に新会社を設立する予定。 スターツグループによる不動産取引、また、リブセンスのITと不動産テックを活用した情報提供サービスといった両社のノウハウと実績を融合させ、不動産流通市場の更なる活性化を実現する。 具体的には以下の2つのサービスを提供する。(1)不動産の購入・売 (続く)

  • 11月中古マンション成約数 2カ月連続減 東日本レインズ 売買仲介

    東日本不動産流通機構(東日本レインズ)はこのほど、11月の首都圏流通動向をまとめた。首都圏の中古マンションの成約件数は2904件で、前年同月比2.7%減。前月に引き続き減少した。中古戸建ての成約件数は979件で同4.6%減となり、こち (続く)

  • 11月中古一戸建て価格、首都圏は4カ月ぶり下落 近畿圏、中部圏は上昇 売買仲介

    東京カンテイが発表した11月の中古木造一戸建て住宅価格(木造・所有権物件、土地面積100平方メートル以上300平方メートル以下)によると、首都圏は前月比でマイナス2.6%の3054万円と4カ月ぶりに下落に転じた。都県別に見ると、東京都は前月比マイナス7.2%の6044万円と大きく反転下落。神奈川県(3146万円、前月比プラス1.6%)は8カ月ぶりに上昇に転じ、千葉県(2121万円、同0.4%)は4カ月連続の上昇となった。 なお、近畿圏は前月比プラス2.5%の2393万円と反転上昇。中部圏は同2.1%の2044万円と2カ月連続で上昇している。 &n (続く)

  • 国際不動産FCのサザビーズ、”新興富裕層”でシェア拡大へ 売買仲介

    世界69カ国で富裕層向け高額不動産FC事業を展開するサザビーズ・インターナショナル・リアルティ(本部・米国ニュージャージー州)。このほど、同社トップのフィリップ・A・ホワイト氏が来日し、都内で会見した。「来年はグローバル化を一段と進め、マーケットシェアを現在の2倍に拡大したい」。そのための戦略として「これまでオークションで数十億円の絵画を落札するような超富 (続く)

  • 東京・豊島のUR賃貸住宅をサブリース 東急住宅リース 賃貸・管理

    東急住宅リースは、UR都市機構が所有する都心高額賃貸住宅「アーバンライフ目白駅前」と「アクティ上池袋」(いずれも東京都豊島区内)の2物件について、入札で運営事業者に決まった。18年2月1日から10年間のサブリース契約を締結する。 運営(経営)と共用部・専有部の修繕と維持管理などを担う。譲渡に係る優先交渉権も付与されている。同社がUR都市機構所有の賃貸住宅をサブリース契約するのは初めてという。   (続く)

  • ナーブ、「VR内見システム」をケイアイスターに提供開始 売買仲介

    ナーブ(東京都千代田区)はこのほど、VR(ヴァーチャルリアリティ)で不動産内見・接客ができる「VR内見」システムを、関東を中心に不動産販売を行うケイアイスター不動産(埼玉県本庄市)に提供開始した。ケイアイスターが運営するビジネスネットワーク事業「KEIAI.net」サービスの一環としたもので、新築戸建て建売仲介業界では初めての取り組みとなる。竣工前に建築後イメージを確認できるため、現地案内の時間短縮効果が期待できる。 (続く)

  • 前月比再び下落 10月・首都圏、新築戸建て成約価格 売買仲介

    アットホームの調査によると、10月の首都圏における新築戸建て住宅の平均成約価格は3359万円(前月比1.5%下落)で、3カ月ぶりに上昇した前月から再び下落した。エリア別に見ると、東京23区の平均価格は4817万円(同1.5%上昇)。東京都下は3615万円(同0.4%下落)、埼玉県は成約数も多く、同2.4%プラスの2959万円と上昇したが、神奈川県は3586万円(同2.1%下落)、千葉県も2603万円で、同4.4%下落した。 (続く)

  • 12月、ライフルホームズ柏マルイ店で不動産テック体験会 売買仲介

    ライフル(東京都千代田区)は12月2日~10日の土日4日間、千葉県柏市のライフルホームズ住まいの窓口柏マルイ店で、不動産テック体験会を開催する。「バーチャルアテンダントが案内するVR不動産案内」など、最新のテクノロジーを使った部屋探しが体験できる。開催日時は12月2日・3日・9日・10日、各日午前11時~午後4時。参加費無料。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています