お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

売買仲介記事一覧

  • 4月中古マンション売り価格 小幅ながら2カ月連続で下落 売買仲介

    東京カンテイが発表した4月の中古マンション価格(70平方メートル換算、売り希望価格)によると、首都圏は前月比でマイナス0.6%の3560万円と小幅ながら引き続き下落した。価格水準の高い東京都での事例シェア縮小、神奈川県や千葉県での弱含みなどが要因。都県別に見ると東京都は同0.5%プラスの4841万円。東京23区では同プラス1.3%の5323万円。神奈川県(2785万円、同マイナス0.7%)ではマイナスに転じ、千葉県(1923万円、同マイナス0.9%)は (続く)

  • 東急リバブル 顧客の声をホームページで公開 売買仲介

    東急リバブルは5月24日から、売買仲介で同社を利用した顧客の感想と評価および同社からの返答をホームページ上で公開する。同社では年間に2万4000組の顧客に取引終了後にアンケートを送付し、約1万8000件の回答を得ている。 (続く)

  • 4月分譲マンション賃料 首都圏再び下落し、年初来の最低値に 東京カンテイ調べ 賃貸・管理

    東京カンテイ(http://www.kantei.ne.jp/)の調査によると、4月の首都圏・分譲マンション賃料は前月比1.0%下落の2654円(1平方メートル当たり、以下同)と再び下げたことで、年初来の最低値を記録した。ここ1年でも16年7月(2652円)に次ぐ低い値となった。 都県別で見ると、東京都は同マイナス0.7%の3158円と小幅に下落し、神奈川県(2113円、同1.8%下落)や千葉県(1536円、同1.9%下落)でもマイナスとなった。一方、埼玉県ではさいたま市が押し上げる形で同プラス0.9% (続く)

  • 「不動産相続の相談窓口」 加盟が100エリア突破 ハイアス&C 売買仲介

    ハイアス・アンド・カンパニーの「不動産相続の相談窓口」事業の累計加盟申し込みが、このほど全国100エリアを突破した。同事業は16年10月に募集を開始し、3年間で全国100エリアのネットワーク構築を目指していたが、約7カ月で当初目標を達成した形となる。 「不動産相続の相談窓口」は、地域の住宅・不動産会社が加盟し、不動産相続の知識や (続く)

  • 新規事業紹介見学ツアー6月開催 クラスコ マンション・開発・経営

    クラスココンサルファームは、6月26日、27日の2日間、石川県金沢市で「クラスコ全部見せますツアー」を開催する。不動産会社と施工会社向けに同社の新規事業を紹介する。 リノベーションのパッケージング商品「リノッタ」や、買取再販リノベーションネットワークの「カウリノ」、不動産業務効率化専用ITシステム「ク (続く)

  • 4月中古マンション成約数 再び減少 東日本レインズ 売買仲介

    東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は5月15日、4月の首都圏流通動向をまとめた。首都圏の中古マンションの成約件数は3163件で、前年同月比4.0%減。再び減少に転じた。今年に入ってからは増加と減少を1カ月おきに繰り返してい (続く)

  • 名古屋の拠点駅に新店舗開設 三井のリハウス 売買仲介

    三井不動産リアルティは5月11日、「三井のリハウス 金山センター」を開設した。同センターは、名古屋駅からJR東海で5分という金山駅(南口徒歩1分)に立地。5路線が乗り入れる名古屋エリアのターミナル駅で近年利用者数が増 (続く)

  • 既存住宅流通量は55万4千件 4年連続で増加 FRK調べ 売買仲介

    不動産流通経営協会(FRK、田中俊和理事長)は5月10日、既存住宅の年間流通量を推計する「既存住宅流通推計量の地域別集計」を発表した。 それによると、15年の既存住宅流通量は55万3657件で、前年比約3万5000件増加。4年連続の増加となった。既存住宅流通比率は37.8%で、前年より1.0ポイント増加した。 都道府県で見ると、流通量最多は東京都の12万90 (続く)

  • 東京・文京区内で新築マンション4棟 東急リバブル マンション・開発・経営

    東急リバブルは5月3日から、新築分譲マンション「ルジェンテ本郷三丁目」(17年4月竣工、総戸数30戸)のモデルルームをオープンする。 東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅徒歩5分に立地。鉄筋コンクリート造12階建て、1LDK~2LDK(32.02~56.47平方メートル)。ホテルライクな内廊下と角住戸中心の配棟計画で、通風・採光、プライバシー性に配慮した (続く)

  • 住まいの窓口、横浜駅前に5月3日開設 ライフル 売買仲介

    ライフルは5月3日、JR横浜駅徒歩3分の横浜天理ビル20階に「ライフルホームズ住まいの窓口横浜駅前店」をオープンする。注文住宅を考える人が住まいのコーディネーターからアドバイスをもらえる無料の対面相談所で、首都圏7店舗目となる。営業時間は午前10時~午後7時。火曜定休。無料講座やセミナーも随時開催予定。 (続く)

  • 家持ち転勤者の4割、マイホームを現金化 シースタイル調べ 売買仲介

    シースタイルは、同社が運営する不動産比較査定サイト「スマイスター」の利用者で、自宅購入後に転勤になった20代以上の男女(全国100人)を対象に調査を行った。それによると、転勤辞令後のマイホームの活用方法は、「家族が居住」が54%。一方、40%の人が「売却(12%)」「賃貸(23%)」「社内借り上げ(5%)」を利用し、持ち家を現金化していることが分かった。 (続く)

  • 「AI戦略室」を新設、中古不動産市場活性へ GAテクノロジーズ 売買仲介

    中古不動産のプラットホームを運営するジーエーテクノロジーズ(東京都渋谷区、樋口龍代表取締役社長)は4月24日、「AI戦略室」を新設した。不動産業界で初となる自社内研究開発組織。テクノロジーによる不動産流通サービス発展のため、AI技術及びビッグデータの研究・開発を行う。室長は小林賢一郎氏(ソニー研究所の元主任研究員)。 (続く)

  • リノベブランドFC説明会を5月に東京で クラスコ 売買仲介

    クラスココンサルファームは、6月1日から全国でフランチャイズ展開を開始する売買リノベーションブランド「カウリノ」の事業説明会を5月18日に東京・銀座で開く。不動産会社と施工会社に限定し、収益を伸ばすビジネスモデルと独自の設計デザインやモデルルーム、施工コストダウンの秘訣を説明する。定員20人。 買い取り再販事業の新たな収益源として、同社独自のノウハウを紹介する。説明会は午後2時から、個別相談会は午後4時から、会場は東京都中央区銀座2の (続く)

  • ライフル、「働きがいのある会社」アジア版で初選出 売買仲介

    住生活情報サービスを提供するライフルはこのほど、世界最大規模の従業員意識調査機関「GPTW(Great Place to Work  Institute)」が発表した「働きがいのある会社ランキング(2017年版アジア地域)」で、初のベストカンパニーに選出された。GPTWが展開するアジア9カ国、1400社以上の参加企業のうち、「大企業部門(500名以上)」で第23位。同社はこれまで日本版のランキングでベストカンパニーに7年連続で選ばれており、アジア地域では今回初めての選出となった。 (続く)

  • 3月中古マンション売り価格 4カ月ぶりにわずかな弱含み 売買仲介

    東京カンテイが発表した3月の中古マンション価格(70平方メートル換算、売り希望価格)によると、首都圏は前月比でマイナス0.1%の3581万円とわずかながら4カ月ぶりに弱含んだ。ほぼ全域にわたって価格を下げたことが要因だが、価格水準の高い東京都の事例シェアが相対的に拡大したため、わずかな下落に留まった。都県別に見ると東京都は同0.6%マイナスの4815万円。東京23区では同マイナス0.3%の5311万円。神奈川県(2804万円、同プラス0.3%)では堅調な推移を維持し (続く)

  • 18年度新卒採用で、宅建有資格者は1次面接免除 東急リバブル 売買仲介

    東急リバブルは4月20日、18年度新卒採用選考で、「宅地建物取引士有資格者」「ナンバーワン経験者」の学生については1次面接を免除すると発表した。 同社では昨年度から学生が選択できるようにした学生主導の選考フローを導入しており、今年度では(1)通常、(2)宅建有資格者、(3)ナンバーワン経験者の3つの選考ルートから学生が自身の経験や意欲、強みなどを最大限にアピールできるルートを選択し、エントリーできる (続く)

  • インスペクションを立ち会いなし対応に さくら事務所 売買仲介

    さくら事務所は、これまで買主である依頼者の立ち会いを原則としてきたホームインスペクション業務の一部で、立ち会いなしでも対応できるようにした。売主や仲介業者の立ち会いなしでも対応する。当日の調査結果は原則として翌日までにメールで伝える。自宅のほか、遠方の実家、セカンドハウスでも受け付ける。 (続く)

  • 不動産購入検討者の事前コンサルを開始 さくら事務所 売買仲介

    さくら事務所は、不動産購入検討者を対象としたコンサルティングサービス「はじめての買い方指南」を開始した。購入前に知っておきたい10のポイントから3つを選んでもらい、レクチャー30分、相談30分の計60分、5000円から受け付ける。 選べる10項目は、理想的な購入予算と借入金額の見極め方、マンション管理 (続く)

  • ICT活用、「ノムコム」に2つの新機能追加 野村不アーバン 売買仲介

    野村不動産アーバンネットは4月11日、不動産情報サイト「ノムコム」の新機能として、「3D ウォークスルー動画」と「レコメンド物件メール配信サービス」の提供を開始した。前者は立体的な高解像度画像により室内をあらゆる角度から閲覧できるウェブ物件見学機能。後者はノムコムの閲覧行動データと機械学習機能を活用し、会員個々の嗜好に合わせた最適な物件情報をメール配信するサービスだ。どちらも物件の購入検討者をICTでサポートするもので、人工知能(AI)によるチャット型Q&Aサ (続く)

  • 3月中古マンション成約数 再び増加に 東日本レインズ 売買仲介

    東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は4月10日、3月の首都圏流通動向をまとめた。首都圏の中古マンションの成約件数は3719件で、前年同月比3.6%増。6カ月ぶりに減少した先月から再び増加に転じた。中古戸建ての成約件数は13 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています