お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

キーワード:IT重説 に関連する記事

記事一覧

  • 11月20日に管理・仲介業務支援の新商品発表会 日本エイジェント 賃貸・管理

     日本エイジェントは、不動産会社向けの新商品発表会を11月20日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開く。同社が提供する管理業務や仲介業務向けの強化ツール、支援サービスを紹介する。  同社の入居者対応の専...

  • VR技術利用でナーブと資本提携 ギガプライズ 総合

     集合住宅向けISP(インターネット接続サービス)を提供するギガプライズは、ナーブと資本業務提携契約を締結した。  基幹事業であるISPサービスやネットワークインフラ、システム開発などで、ナーブの持つVR(仮想現実...

  • オンライン重説システムを導入 大東建託 賃貸・管理

     大東建託は、「いい部屋ネットオンライン重要事項説明」システムを開発。11月から子会社の大東建託リーシングの全国234店舗でウェブカメラとヘッドセットを配備し、導入を開始する。導入に先立ち、10月から約1万3000店...

  • 10月1日からIT重説を賃貸取引で本格運用 国交省 総合

     国土交通省は賃貸取引でテレビ会議などのITを活用した重要事項説明を10月1日から本格運用する。これに備えて、同省では9月8日に、IT重説実施マニュアルを策定。また本省および地方整備局に相談窓口を開設した。問い合...

  • VRとITを活用した新サービスを開発へ いい生活 賃貸・管理

     いい生活とナーブは、VR(バーチャルリアリティ)技術を活用する不動産会社向けサービスの共同開発を目的とした業務提携契約を締結した。販売提携と合わせ、新サービスを開発する。  新しいサービスは、不動産情報...

  • IT重説活用セミナーを5月25日開催 いい生活 賃貸・管理

     いい生活は、IT重説活用セミナーを5月25日午後3時から、東京・南麻布の同社本社会議室で開く。参加費無料。定員20人(1社2人まで)。IT重説の仕組みから活用事例などを解説する。 ...

  • IT重説実験、57社追加 アンケート電子化を準備 国交省 政策

     国土交通省はこのほど、ITを活用した重要事項説明(IT重説)に係る社会実験について、追加登録を行った57社を発表した。これで同実験の登録事業者は303社となった。追加登録事業者は6月から実験に参加している。  また...

  • 国交省IT重説実験で検証検討会 登録事業者を追加募集へ 政策

     国土交通省は8月末から実施している「ITを活用した重要事項説明(以下、IT重説)に係る社会実験」の途中経過報告をまとめた。このほど開催したIT重説実験の検証検討会で、検証結果を説明。アンケートではIT重説に肯定的...

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています